ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸手術

身体的な負担が少ないのが魅力

美容クリニックでは様々な種類の豊胸手術がありますが、手軽に受けられると人気なのがヒアルロン酸注入による施術です。これは、文字通り、バストにヒアルロン酸を注入することで大きさ・形を整える豊胸術のことです。そもそも ヒアルロン酸には水分を溜め込む性質があるので、バストに入れることで理想のバストラインを形成できます。ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸の最大の魅力は、メスを用いずに注射のみの施術であることです。皮膚を切開することがないため、身体的な負担があまりありません。術後のダウンタイムもなく、すぐに社会復帰することが可能です。その他にも、メスを用いないことから、初めて豊胸手術を受ける人にとってハードルが低いのも魅力といえるでしょう。

ヒアルロン酸は吸収される

ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸は、初めての施術でも身体的な負担がなく気軽に受けることができます。また、ヒアルロン酸はもともと人が持っている成分であることから、体が拒絶反応を起こすリスクもありません。ただヒアルロン酸注入の場合、体に注入すると徐々に吸収されていくのが特徴的です。基本的に手術を受けてから10日から1か月かけてヒアルロン酸は水を吸収して大きく膨れていきます。しかし、施術から1カ月を過ぎると、徐々に体に吸収されていくのです。そして、2年経過すると完全にヒアルロン酸が吸収されるので、バストは元のサイズに戻ってしまいます。胸の大きさを満足いくレベルで保つためには、継続してヒアルロン酸を注入する必要があります。