豊胸手術の施術の流れ

シリコンバッグ法による手術

一口に豊胸手術と言っても施術方法によって内容は大きく変わるのが特徴です。いくつかある施術で比較的多くの人が利用しているシリコンバッグ法では、最初に医師によるカウンセリングと採血を行います。採血は手術に伴うアレルギー反応などを調べるために行うもので、結果が出るまでの期間は1週間程度です。問題がないと判断されたら具体的な日にちを決めて手術という流れになります。施術は全身麻酔を行いシリコンバッグの挿入口をメスで切り開いた後に挿入、縫合をして包帯で固定をすれば完了です。術後は数日程度経過観察をして体に異常がなければ、縫合した糸を抜糸して終了となります。利用するシリコンによって若干の違いはありますが、抜糸後も1ヶ月程度は定期的に通院をして肌に馴染ませるためのマッサージを受けることが大切です。

ヒアルロン酸の注入法の流れ

いくつかある豊胸手術の中でも、手軽さと仕上がりの良さで需要が増加しているのがヒアルロン酸の注射によるバストアップです。この手術は文字通り注射によってヒアルロン酸を体内に注入する形となるので、メスを使った切開などの大掛かりな手術を必要としません。そのため、医師による事前のカウンセリングを行った後、局所麻酔を行って注入という流れになります。カウンセリングで体調など特に問題が見られない場合は、その日のうちに施術を受けることも可能です。切開をしないことで術後の傷跡も目立ちにくく、周囲に豊胸手術をしたことを知られる心配もありません。術後は自宅で鏡などを使って状態をチェックして、よりボリュームを持たせたい場合は後日追加で注入してもらうこともできます。