豊胸手術のリスク

豊胸手術には大きく分けて3つの種類がある

比較的胸の小さい女性が簡単な方法で大きくする方法の一つに、豊胸手術があります。主に大学病院や美容系クリニックの美容外科で行われますが、ヒアルロン酸とシリコンバッグ、脂肪を使った3つの方法が存在します。ヒアルロン酸の場合、局所麻酔を施した上で直接患部に注射を行うといった手軽さが特徴です。一方、シリコンバッグは胸の部分を直接切開し、その部分にシリコンを直接入れる、大掛かりな手術となります。脂肪を注射で注入する場合は、全身麻酔と一部分の切開を併用する形で行われます。 豊胸手術のうち、ヒアルロン酸、脂肪、シリコンバッグの順で、手術にかかる時間とバストアップの効果の大きさが異なります。また、いずれの手術においても、術後すぐにバストアップの効果が出てきます。

豊胸手術をした後のリスクについて

いずれの豊胸手術においても、外科的な手術を行うという理由で、一定のリスクが存在します。最も危険性の高いのは、体に直接入れるシリコンバッグの場合で、カプセル拘縮という胸を硬くさせる現象に加え、シリコン自体の破損が起こりやすくなります。また、術後10年を目安として交換手術を行う必要もあるため、豊胸手術の中では最も費用が高くなります。自分の体にある脂肪注入の場合でも、体内に吸収されずに残った脂肪が袋のように溜まり続ける、脂肪壊死と呼ばれる現象が起こる可能性があります。

脂肪と同じく人の中にある成分を注入するヒアルロン酸にも、バストの形が想定と異なるなどのリスクがあります。ごく稀に、アレルギー反応による血管閉塞や、バイオフィルムによる感染も起こります。