脂肪注入による豊胸手術

脂肪注入による豊胸手術のメリット

脂肪注入による豊胸手術は自分自身の脂肪を吸引し、バストに注入する方法です。そのため自然な仕上がりが期待できます。注入した脂肪の約半分は体の中に吸収されてしまうものの、残りの半分は組織の一部として生着します。持続効果も半永久的である点もメリットです。カニューレという器具を使うだけなので、傷跡もほとんど残らないでしょう。脂肪採取ができるのは太ももやお尻、上腕部など皮下脂肪の多い部位です。脂肪を採取することでその部分の脂肪が減り、痩身効果が期待できるのもメリットと言えるでしょう。全体的なサイズアップをしたいなら胸全体に脂肪を注入する、谷間が欲しい場合は胸の内側に脂肪を注入するなど、要望に応じた施術ができるのもメリットです。

脂肪注入による豊胸手術のリスクと注意点

痩せている人だと採取できる脂肪の量が少なくなるため、サイズアップができない可能性があります。一度に注入できる量にも限界があります。サイズアップをしたいからと無理にたくさんの量の脂肪を注入すれば、生着率が低下し希望通りの豊胸ができないことも。また採取した脂肪は丁寧に注入する必要があります。施術時間を短縮しようとして丁寧さを欠いた施術をした場合、注入された脂肪は塊となり、しこりになってしまうことがあります。しこりは放置しておくと感染などのリスクが高まります。取り除くには切開手術が必要になるでしょう。メリットの多い脂肪注入による豊胸手術ですが、ていねいな施術をしてくれる信頼できる医師に依頼することが大切です。