シリコン挿入による豊胸手術

施術を選択するまえにシリコンバッグ挿入についてよく知ろう

シリコンバッグを挿入する豊胸手術はよく知られていますが、その特徴を詳しく知っているでしょうか?シリコンバッグ挿入はヒアルロン酸や脂肪注入と比べて、高いバストアップ効果が望めるのが特徴です。しかし、注意点もあります。まずは手術が一番大掛かりであるという点。シリコンの塊を挿入するので切開が必要です。また、シリコンバッグは長く使っている間に破損するというリスクもあります。そのため、10年を目安に定期的な交換が推奨されているのです。確かなバストアップが期待できるシリコンバッグ挿入ですが、このような注意点もあるため、病院によっては事前にカウンセリングを行い、シリコンが適切であるかどうかを確認するところもあります。

丈夫で長持ち!シリコンバッグも進化している

シリコン挿入の注意点を説明してきましたが、現在はシリコンバッグも進化して術後の破損のリスクも小さくなっています。近年のシリコン挿入には衝撃に強い6層構造のバッグが使われているのです。また、モノブロック製法という技術が取り入られています。シリコンバッグは、バッグのなかにシリコンジェルを入れて膨らませています。ジェルが漏れないように底部という蓋の役割をするパーツがあるのですが、モノブロック製法ではその底部とバッグの接合が強力になっており、ジェル漏れの心配が少ないのです。

また、表面に特殊なテクスチャー加工を行うことで、長年の使用によってバッグが縮んで硬くなる「被膜拘縮」を防いでいるのです。病院を選ぶ際は、アフターケアの充実度のほかに、こうした最新のシリコンバッグを採用しているかどうかもチェックしましょう。